情報

YOUJI SAKAI – EBOOK PRODUCTION NOTE

Posts tagged EPUB

電子書籍メディア論 ウェブキャスト
eBook Strategy Webcasts – Anytime, Anywhere

※こちらの情報は、10月24日にウェブキャストのサイトに移動します。

.

[07]の工程03を公開:

実践:ダイレクト出版とプロモーション
[07]電子書籍プロモーション:オフィシャルサイトの重要性

07-03. 書籍のプロモーションページに試し読みの機能を組み込む 

教材データのダウンロード:

  • Webcast_Vol07_03.zip(2.2MB)
  • 学習で使用する「Making_Book」フォルダと「Sample_Book_Demo」フォルダが入っています

.

.

電子書籍メディア論ウェブキャスト

2013年総括版「電子出版最前線(仮称)」

2013年のウェブキャストから主要なテーマをピックアップし、総括版として構成しています。

.

KindleやKoboなどのメジャーなプラットフォームを対象とした商用の電子出版は、国内でも昨年の後半から大きく動きだし、軌道に乗りつつあります。イーブックデザイナー、イーブックデベロッパーの仕事も、大半はプラットフォーム向けの電子化作業です。国内の電子出版市場は、スマートデバイスを中心とした新領域で携帯電話向けの市場を抜き、ターゲットとするビジネスセグメントも明確になってきました。長期的には、顧客情報活用による訴求力強化も視野にいれていく必要がありますが、プラットフォーム依存(手数料や電子版の価格操作権等々も含む)では厳しくなるため、コントロール可能なパブリッシャーベースドのプラットフォームも平行して走らせることになるでしょう。

さて、ウェブの世界はめまぐるしく変化しており、要素技術の進化だけではなく、フレームワークを導入した開発アプローチなども多種多様になってきました。ウェブの技術を採用している電子書籍も無関係ではありません。電子出版のリーディングカンパニーとしても知られているO’Reilly Media(オライリーメディア)は、DocBookをソースにした出版ワークフローから、HTML5ベースの新しいワークフローに移行する準備を進めています。すでに、オライリーのサンダース・クラインフェルド氏がHTMLBookの仕様を公開していますので興味のある方はご覧になってください。ワンソースでイーブックバンドル(EPUB、PDF、Mobi、DAISYなどをセットで提供)を実現しているオライリーの動向には注目が集まっています。

現在、主流になっているプラットフォーム(電子書籍ストア)向けの商業出版は、紙の出版物をいかに効率よく、ある程度の再現性を保ちながら、電子化できるかどうかが問われています。一方で、電子書籍フォーマットの仕様を最大限に生かしたデジタルならではの電子書籍づくりにも動きがみられます。かつて、ネイティブなアプリとして開発されていたアドバンスドイーブックが、HTMLベースでビルドできるようになり、電子出版物のバージョン化が容易になりました。1セットのデータをベースにして、電子書籍の通常版、廉価版、プレミアム版、インタラクティブ版など作成し、電子書籍ストア、アプリストア、登録制ウェブなどで展開することが、以前より低コストで可能になったのです。

電子書籍のライバルは、デバイスのスクリーン上で楽しめる音楽、映像、ゲーム、ソーシャルメディアなど、利用者の可処分時間を奪うあらゆるコンテンツです。「本」という単独のコンテンツをより洗練し、魅力的なものにしていくことが重要ですが、他のコンテンツとの連携や融合といったトランスメディア的アプローチも模索していかないと、電子出版という1ジャンルの中で、限られたパイを取り合うことになりかねません。
今回の総括版では「次の一手」を探るきっかけになるようなテーマを中心に構成しました。

講師:境祐司

.

今回の対象者:

  • イーブックデザイナー、イーブックデベロッパー
  • 出版社の電子出版事業部、新規事業部
  • ダイレクト出版に興味がある著者、編集プロダクション
  • ウェブコンテンツやメールマガジンを発行している企業、編集者

講義レベル:

  • 初心者(電子書籍とはどんなものか知っているレベル)〜中級者(EPUBなどの電子書籍を作成したことがあるレベル)
  • ※個人差がありますので、あくまで目安です

トータルの時間:

  • 約5時間
  • ※前半部と後半部に分けています。もちろんアーカイブ視聴も可能

ウェブキャストの内容:

「電子書籍の技術・表現・拡張」では、電子書籍の基礎から現在の問題点、教育分野で重要になってくるアドバンスドイーブックについて解説します。「国内トピック:漫画コンテンツ」は、紙のレプリカとは異なるデバイスに最適化された漫画の手法について考えます。また、HTML5ベースのコミックを実際に作成してみます。「ダイレクト出版とプロモーション」では、Kindle Storeで写真集を販売するまでのプロセスと、素材を流用したプロモーション用のサイトづくりを取り上げます(Bootstrap 3を使用します)。「HTML5パブリッシング」では、EPUB 3ファイルを使ったハイブリッドアプリのコンセプト、最も簡単なワークフローを紹介します。
尚、今回は初心者レベルから対象としていますので、実際の制作工程を紹介する場合、コーディングは最小限とし、可能なかぎりオーサリングツールやフレームワークを活用して、コーディングの経験がない方でも理解できると思います。

.

ウェブキャストは、テーマ単位で受講できますので、例えば「電子書籍の技術・表現・拡張」だけ受講登録することが可能です。受講したいテーマを組み合わせて登録してください。

.

過去、要望の多かった4つのテーマで構成

ウェブキャストの4つのテーマ

前半:

概論[技術・表現・拡張](約1時間30分)

  • [01]電子書籍の技術:イーブック・テクニカルレビュー
  • [02]電子書籍の表現:イーブック・デザイン
  • [03]電子書籍の拡張:アドバンスドイーブック

国内トピック[漫画コンテンツ](約1時間)

  • [04]国内トピック:デバイスで読む漫画の表現
  • [05]国内トピック:スマートフォンに最適化された漫画

後半:

実践:ダイレクト出版とプロモーション(約1時間)

  • [06]個人出版の実践:ダイレクトパブリッシング
  • [07]電子書籍プロモーション:オフィシャルサイトの重要性

最新動向:HTML5 パブリッシング(約1時間30分)

  • [08]HTML5と電子出版:電子書籍のハイブリッドアプリ化
  • [09]HTML5と電子出版:電子書籍のハイブリッドアプリ化
  • [10]電子書籍の最先端:CSSレイアウトとHTML5パブリッシング

.

詳細:

[01]eBook Technology
電子書籍の技術:イーブック・テクニカルレビュー

  • 電子出版フォーマットの種類と特性を理解する
  • シンプルリフロー、固定レイアウト、プリントレプリカ、ハイブリッド、高度なリフローの5つの技術

電子書籍が採用している技術

[02]eBook Design
電子書籍の表現:イーブック・デザイン

  • 電子出版フォーマット(ルール)と電子書籍(コンテンツ)と読書システム
  • 表現よりもユーザビリティを優先するリフローの電子書籍について理解しないと不毛な試行錯誤が続く
  • 検証:図版の周りにテキストを流し込む(floatプロパティによる浮動化)
  • 検証:段組みレイアウト(EPUB 3の仕様に含まれるCSS Multi-column Layout)

電子出版フォーマット(ルール)と電子書籍(コンテンツ)と読書システム

[03]Advanced eBook
電子書籍の拡張:アドバンスドイーブック

  • 電子化された本ならではの付加価値について考える
  • インタラクティブ性やゲーム性が有効に機能する電子出版の分野を見極める

電子書籍と電子書籍をラッピングしたアプリ

[04]The Future of Digital Comics 1
国内トピック:デバイスで読む漫画の表現

  • ケータイコミックから電子出版フォーマットで作られる漫画へ
  • 国内の電子出版市場において漫画は重要なコンテンツ、ストアの商用出版からウェブ漫画まで

漫画コンテンツは携帯電話向けからスマートデバイス向けへ

[05]The Future of Digital Comics 2
国内トピック:スマートフォンに最適化された漫画

  • キャラクターツールとウェブ標準技術でデジタルコミックを作成する
  • スマートフォンのポートレイトモードで読むライトウェイトなウェブ漫画のワークフロー

デジタルコミックの作成画面

[06]Direct Publishing
個人出版の実践:ダイレクトパブリッシング

  • Kindleダイレクトパブリッシングで写真集をリリースするまでの全プロセス
  • 素材の管理からKindle Comic Creatorを活用した写真集づくりの工程を解説

Kindle向けの写真集を作成するプロセス

[07]eBook Promotion – Build a Website
電子書籍プロモーション:オフィシャルサイトの重要性

  • Bootstrap 3を活用して電子書籍のオフィシャルサイトを作成する
  • 電子書籍のオフィシャルサイトは発売後の公開より、発売されるまでの数ヶ月の更新が重要

電子書籍のプロモーション

サンプル:

  • 作成する電子書籍のプロモーションページ(Bootstrap 3を使用します)
  • 参考ビデオ(※HDをクリックすると高画質になります)

[08]Advanced eBook – Hybrid Apps 1
HTML5と電子出版:電子書籍のハイブリッドアプリ化

  • 電子書籍ストアでは販売できないアドバンスドイーブックをアプリストアでリリースする
  • パブリッシャーの新規事業部で手掛けるにはベストなタイミング

EPUBとEPUBを含有するハイブリッドアプリの関係

[09]Advanced eBook – Hybrid Apps 2
HTML5と電子出版:電子書籍のハイブリッドアプリ化

  • EPUB 3の電子書籍をハイブリッドアプリ化するワークフローの解説
  • 電子出版でもノンプログラミングでアプリ化できるビルドサービスを活用する時代へ

HTMLベースのアプリの種類

[10]Advanced eBook Design
電子書籍の最先端:CSSレイアウトとHTML5パブリッシング

  • ウェブ標準技術と電子出版の今後について考える
  • 電子書籍フォーマット、ウェブアプリ、ハイブリッドアプリ、ウェブ標準技術でつくられる本の未来がもたらす新しい世界

.

.

更新日:2013年10月22日
投稿日:2013年10月16日

おもちゃ箱のような楽しい電子書籍をつくろう

.

第2回「デフォルトスタイルのKindleファイルを作成する」の素材データ:

  • 原稿(テキスト)とブックカバーのJPEGファイルのダウンロード[eBook_Data.zip
  • メタデータのメモも付けています。

.

更新日:2013年2月2日

高校生のための電子出版入門のシラバス第一案(会議用)

カリキュラム:

インストラクショナルデザイン:境祐司
教材の提供:境祐司

トライアルでは、「電子書籍」をブログや共有サービス(YouTube、ニコニコ動画、pixivなど)などと同様の「表現の場」として捉え、「情報編集力」を養うための授業として位置づけています。前回の「EPUB編」より、さらに難易度を下げています(HTMLおよびCSSは使いません)。

おもちゃ箱のような楽しい電子書籍をつくろう

.

第1日目:

  • 電子書籍って何だろう?
  • 音楽と映像はプレーヤーがないと聴いたり観たりできませんよね
  • 読書に特別な準備は必要ありません
  • 電子書籍を買ったり読むためにはハードウェアとインターネットが必要です
  • こんなに手間がかかるのに、なぜ注目されているの?
  • みんなで考えてみよう

第2日目:

  • 電子書籍はなぜ本屋さんで売っていないの?
  • みんなが電子書籍を買ったら、本屋さんで本が売れなくなると思いますか?
  • BOOK OFFに行ったことがある人に質問です
  • ロールプレイングゲームをします
  • あなたは街の本屋さん
  • あなたは本を書く作家さん
  • あなたは本をつくる出版社の人
  • あなたは電子書籍を売るインターネット書店の人
  • 世の中にはいろいろな考え方の人がいます

第3日目:

  • ところで書籍や雑誌は今、売れているの?
  • 一日の時間の使いかたを教えてください
  • 一番楽しい時間は?
  • テレビ? ゲーム? ビデオ? 音楽? ケータイ(友だちとのおしゃべり、メール)? インターネット?
  • 本をどのくらい読んでいるのか教えてください
  • 友だちにすすめられた本を読んだことがありますか?
  • みんなで考えてみよう
  • 本好きではない人が電子書籍を買うと思いますか?
  • 本屋さんで売っている本より安ければ電子書籍を買う人が増えると思いますか?

第4日目

  • 今日からプロジェクトが始まります
  • 電子書籍(写真集)をつくります
  • 電子書籍の読者ってどんな人?
  • 電子書籍を購入できる人、電子書籍が読めるハードウェア(スマートフォンなど)を持っている人
  • おじいさん、おばあさんにも電子書籍を読んでもらうにはどうすればよい?

第5日目

  • 企画会議をします
  • Yahoo! ニュースのエンターテイメントをチェックします
  • 面白そうな見出しのニュースを見て、実際に面白かったか教えてください
  • おおげさな見出しだと思ったニュースを集めてください
  • Yahoo! のリアルタイム検索で、集めたニュースの反応を見てみよう
  • 注目してもらうために、おおげさな見出しをつけるのはOKか?ディスカッションします
  • 友だちに教えたい!と思ったニュースを集めよう

第6日目

  • どんな人に読んでほしいか考えてください
  • 電子書籍(写真集)のテーマを決めます
  • 電子書籍をみんなに知ってもらうためのブログをつくろう
  • ツイッターを登録しよう
  • ユーチューブを登録しよう

第7日目

  • ブログのタイトルを考えてください(電子書籍のタイトルと違ってもかまいません)
  • まず「電子書籍をつくります!」という記事を書いて投稿してください
  • ブログの記事をツイートしてください(記事の見出しと違ってもかまいません)
  • これからつくる電子書籍のテーマに関連するニュースを目にしたらツイートしましょう
  • ただし、ツイートするときは「友だちに教えたい!と思ったニュースを集めよう」の授業を思い出してください
  • それでは、電子書籍づくりスタートです

.

電子書籍のテーマを決めるときに参考にしてほしい書籍:

.

後期は、電子書籍を作成する「実習」で構成されています

トライアル授業では、電子書籍コンテンツの企画を中心に組み立てますので、HTMLやCSSなどの技術を習得するカリキュラムにはなっていません。電子書籍を作成するソフトウェアは、KindleファイルとEPUBファイルを書き出せるワードプロセッサを推奨します。
現時点では、LibreOffice(リブレオフィス)をお奨めします。

LibreOffice(リブレオフィス)を授業で使用する利点:

  • HTMLおよびCSSの知識は必要ない
  • 誰でも無料で使用できる
  • Mac OS X、Windowsどちらの環境でも使える
  • EPUB CheckをパスするEPUBファイルが書き出せる(無料のプラグインがある)
  • 同時にMobiファイルも書き出せる(KindleGenをインストールしておくだけ)
  • 日本語インターフェイス

.

実習のための参考情報(先生向け):

講演:
Amazon Kindleストアにおける電子書籍の仕様とマーケティングについて

スライドの一部のスクリーンショット

.

電子書籍メディア論 Podcast(2012年12月15日〜2013年1月11日)

[file-706]「見出しのレベルを設定しないとKindleの目次が生成されない/ワードプロセッサからKindleファイルを作成する(6)

リブレオフィスの編集画面

.
[file-705]「2000年の電子書籍元年(1)/ビル・ゲイツのキーノートスピーチから始まる電子出版の業界史(電子書籍メディア論 – 第5章)

電子出版の歴史を示した図

.
[file-704]「なぜ、印刷物に近いレイアウトの実用書はリフローで商品化できないのか?(電子書籍メディア論 – 第3章)

図版の多い実用書

.
[file-703]「Kindleストアで図版の多い実用書を販売する場合、採用するフォーマットは?(電子書籍メディア論 – 第3章)

Kindle Magazine – Hybrid Format from Youji Sakai on Vimeo.

.
[file-702]「電子書籍に「本」のメタファは必要か?(電子書籍メディア論 – 第5章)/Kindleコミックのパネルビューについて

.
[file-701]「商用利用OKの高品質な音声合成を試す/ワードプロセッサからKindleファイルを作成する(5)

リブレオフィスのインストール方法を解説したページ

.
[file-700]「ワードプロセッサからKindleファイルを作成する(4)/電子書籍メディア論 – 第3章(番外編)

リブレオフィスでkindleファイルを作成する流れ

.

投稿日:2013年1月14日

今回はEPUB 3 技術解説セミナーの第4回目になります。テーマは、EPUB 3 固定レイアウトとアクセシビリティ(音声との同期など)です。第1回目でも固定レイアウトをテーマにしましたが、EPUB 3コンテンツを扱うプラットフォームも登場し、市場動向も変わってきましたので、内容を変更しています。
※時間配分は固定レイアウト(60分)、アクセシビリティ(30分)の予定です

詳細ページ:

.

講演の内容(更新日:10月2日):

レプリカと固定レイアウト

  • プリントレプリカ
  • インタラクティブレプリカ
  • ページイメージを配置する固定レイアウト
  • エレメントを個別に配置する固定レイアウト

EPUB 3 固定レイアウトの電子書籍を検証

  • デスクトップで検証
  • スマートフォンで検証
  • タブレットで検証
  • Retinaディスプレイ(iPad)で検証
  • ハイレゾリューションタブレット(Android)で検証
  • 読書専用端末で検証
  • ポートレイトモードとランドスケープモードで検証
  • ユーザビリティのチェック
  • アクセシビリティのチェック

Kindle 固定レイアウトとの違い

  • Children’s books の仕様
  • Comics and graphic novels の仕様
  • EPUB 3 固定レイアウトからKindle 固定レイアウトへの変換は可能か?

EPUB 3 固定レイアウト の仕様

  • EPUB 3 Fixed-Layout ドキュメントの内容
  • 固定レイアウトのプロパティ
  • 記述の手順
  • 例:ポートレイトモードは単ページ、ランドスケープモードで見開き(合成)
  • 例:ランドスケープモードで見開き(1つの画像)
  • 例:リフローの電子書籍、タイトルページのみ固定レイアウト
  • 例:ランドスケープモードで見開き(合成)、進行方向は右から左/日本語の漫画

EPUB 3 固定レイアウト のワークフロー

  • プロジェクトスコープの設定
  • プラットフォームの選定(※今回は読書環境の選定)
  • 対象となるリーディングシステムのデフォルトスタイルおよび実装状況の確認
  • 技術コンセプトの策定
  • アクセシビリティ指針の決定
  • 予算策定(※今回は省きます)
  • 素材の品質チェック
  • 設計
  • コーディング(開発ツールを使う場合は省略)
  • 評価
  • 実機検証

電子書籍のアクセシビリティ

  • 電子書籍を「聴く」仕組み
  • DAISY の理念
  • EPUB Media Overlays 3.0 の概要
  • 開発ツールの紹介
  • リーディングシステムの紹介
  • 事例紹介

.

更新:2012年10月2日

INDD 2012 Tokyo

InDesignユーザーの祭典

INDD 2012 Tokyo(InDesignユーザーの祭典)

  • 日時:2012年7月20日(金)13:00-19:00
  • 会場:ベルサール汐留 2Fホール
  • 定員:500名
  • 主催:INDD実行委員会

.

電子書籍トラック:セッション1/13:00-13:45

[B-1]電子書籍オーバービュー
講演者:境祐司

時間の目安:[1]〜[2]15分程度/[3]〜[4]15分程度

ストーリー:

電子出版の歴史は意外と古く、日本電子出版協会(JEPA)が設立されたのは、今から26年前(1986年)です。実は、この年にはアルダス社のPageMakerがリリースされています。「DTP」を提唱したのは、このアルダス社です。つまり、電子出版とDTPはほぼ同じ時期にスタートし、各々の領域で進化してきたわけです。2012年は、この2つの流れ(出版工程の電子化と出版物の電子化)が交わり、本格的な融合が始まる年だと思います。

音楽や映像とは異なり、再生機(ハードウェア)を必要としなかった書籍が、電子化されることで、読者に今まで必要のなかった負担を強いることになります。特に、PCやインターネットをあまり利用していない読者にとっては、とても敷居が高いコンテンツです。アカウントを取得し、ダウンロードするまでのプロセスは、まだまだ問題が多く、今の電子書籍は、子どもから高齢の方まで気軽に買える商品にはなっていません。

私たちは、まだ整備されていない小さな市場で、ぎりぎりの利益を確保しながら、将来の電子出版業界を育てていく必要があります。日本の電子書籍市場は推計629億円(2011年度/インプレスR&D調べ)。その大半を占めるケータイの電子書籍市場が急速に縮小し始めています。2010年度、572億円あった市場が、480億円まで落ちました。2012年度ではさらに減り、407億円になると予測されています。これからは、スマートデバイスなどを中心とした新市場が主体となって、電子出版市場が構築されていくでしょう。

DTPが生まれてから、26年経ち、これから同じ時間を歩んできた電子出版との融合が始まります。印刷・出版に携わってきた方々が、(技術面ではウェブと密接な)現在の電子出版と、どう付き合っていけばよいのか、今回の講演を通して一緒に考えていきたいと思います。

.

概要:

[1]プラットフォームを3つに分けて理解しよう

  • Amazon Kindle
  • EPUB採用ストア
    (Kobo、Sony、Books on Google Play、iBookstore、B&N、その他)
  • 国内のストア
    (XMDF、.book採用ストア、EPUB採用ストア、その他)

[2]電子書籍の事実上の標準フォーマット「EPUB」を理解するポイント

  • EPUBの概要
  • EPUB3を採用するストアが多いのはなぜか?
  • EPUB3は現在どこまで使えるか(対応リーダーの実装状況)
  • EPUB3 固定レイアウトが登場した理由
  • EPUB3 固定レイアウトの種類
    (自社で作成・個人で作成する場合・ストアの仕様に準拠する場合)

[3]電子出版で先行する「Amazon Kindle」を理解するポイント

  • Kindle Storeの概要
  • KindleのフォーマットKF8とEPUB3の互換性は?
  • KF8ではどんな表現が可能?
    (文芸書、図版の多い実用書、教科書、絵本・写真集、コミック、その他)
  • スマートフォンでもズームなしで雑誌が読めるハイブリッドタイプとは?

[4]これからの電子出版

  • プロダクションワークはどう変わる?
    (InDesignは、電子出版のツールか、支援ツールで終わるか?)
  • 限りなく自動化に近づく電子出版とデザイナーのハンドワークが中心の電子出版
  • これから起こること:電子書籍制作のコモデティ化、格安競争
  • これから起こること:個人または小規模な電子出版専門インディペンデントの登場
  • これから起こること:月額課金の読み放題サービス
  • これから起こること:電子書籍の永続性、DRMについての議論
  • DTPデザイナーから電子書籍デザイナーへ、編集の仕事の幅を広げるために

.

電子書籍トラック:セッション6(18:00-18:45)のパネルディスカッション「電子書籍はビジネスになるのか?どうやったらビジネスにできるのか?」にも登壇いたします。

登壇者:

  • 樋口 泰行
  • 境 祐司
  • 馮 富久(技術評論社)
  • 高瀬 拓史(イースト)

.

2012年7月6日更新